オレンジワインとは、赤ワインのような白ワイン。
最近日本でも話題の「オレンジワイン」。

赤ワインは黒ブドウ(皮が紫や黒いブドウ)を皮ごと醸造します。
白ワインは白ブドウ(皮が黄色や緑のブドウ)の皮や種を取り除いて醸造します。

ではオレンジワインはどうでしょう?
白ブドウを原料に、赤ワインの製法を用いて造られたワインが”オレンジワイン”です。
白ブドウの皮や種も一緒に仕込むことで、皮由来の香りや、通常白ワインにない渋味を伴う複雑な味わいのワインになります。

ルーツはワイン発祥の地、ジョージア
こういったワイン造りのルーツはジョージアワイン。
素焼きの甕”アンフォラ”を地中に埋め込み、そこでブドウを房ごと醸したのがルーツです。
今でもジョージアではこのような製法でワインが造られています。

そして、ジョージアの伝統的なワイン造りのスタイルにインスピレーションを得たイタリアのナチュール生産者
ラディコングラブナーの素晴らしいワインがオレンジワインのブームを巻き起こします。
ヨーロッパの各地、フランスやオーストリア、ドイツ、
そして世界じゅうのワイン産地でオレンジワインが造られるようになりました。


オレンジワインは食卓のオールラウンダー
当店で開催したセミナーでヴィナイオータの太田社長も
「タンニンのある白なら前菜から肉料理まで1本で合わせることができる!」
とおっしゃっていましたが、豊富なマリアージュの可能性も魅力のひとつです。
赤か白かまよったら、オレンジワインをチョイスしてみてください。
新しい発見があるかもしれませんよ。