世界最古の産地にして今世界中から注目をあつめる産地
ジョージア(グルジア)

 Georgia 


世界最古のワイン産地ジョージア

ロシアやトルコに隣接するこの国がワイン発祥の地といわれています。
紀元前8000年ごろからワインが飲まれていたといわれ、いまでもほとんどの家庭で自家用酒がつくられているんだそうです。



オレンジワインの元祖はジョージアワイン
独特なのはその造り方!
土に埋めたクヴェヴリ(甕カメ、アンフォラ) の中でブドウを発酵させ、場合によっては熟成もクヴェヴリでおこなわれます。


この「クヴェヴリ仕込み」 は2013年にユネスコの無形文化遺産にも認定されました。
そう、日本のナチュラルワインファンの間でもおなじみ(?)になった
「アンフォラ仕込み」「オレンジワイン」の元祖がジョージアにあるんです!
ジョージアのワインと、イタリアの生産者によるオレンジワイン。

ワイン産地ガイド



ジョージア最大の産地。大陸性気候でアゼルバイジャンの砂漠にも近く、乾燥しています。
ジョージアのワイン約7割が生産される地域とあって、当店でも多くの生産者のワインを扱います。
ニコロズ・アンターゼ/Nikoloz Antadze
アレクス/Alex's
アワー・ワイン/OUR WINE(ソリコ・ツァイシュヴィリ)
フィーザンツ・ティアーズ/Pheasant's Tears

代表的なブドウ品種は
【白】ルカツティリ
  ムツヴァネ
  キシ 
  ヒフビィ

【赤】サペラヴィ   



カヘティとは対照的に黒海の影響を受ける亜熱帯湿潤気候
当店で扱うのはラマズ・ニコラゼ/Ramaz Nikoladzeがこの地区の生産者です。

代表的なブドウ品種は
【白】ツィツカ
  ツォリコウリ
  クラフナ
【赤】オツハヌリ・サペレ
  ゼルシャヴィ


黒海に面した亜熱帯湿潤気候
降水量が多い地域。
当店で扱うのはズラブ・トプリゼ/Zurab Topuridzeがこの地区の生産者です。

代表的なブドウ品種は
【赤】チュハヴェリ
  アラダストゥリ ほか
         
念願のワインガイド本が発売!
この春、書籍「ジョージアのクヴェヴリワインと食文化〜母なる大地が育てる世界最古のワイン伝統製法」が発売されました。
ジョージア国内の産地について、独自の品種やクヴェヴリについて、代表的な生産者などなど・・・歴史ある産地ながら、今までなかなか知ることのできなかったジョージアのワインについて書かれたガイド本です。


「ジョージアのワインについてもっと知りたい!」と思ったら、ぜひお手にとってみてくださいね。


(画像は輸入元より)