即日発送はクレジット・代引決済に限ります。また、当店では実店舗と在庫を共有しており、ご注文をいただいた時点で在庫切れとなっている場合があります。詳細はこちら>>

[白]シャトー・ラ・カノルグ/Chateau La Canorgue  カノルグ・ヴィオニエ 2019

外観は淡い黄色、藁色。カノルグブランよりもほんのり濃いめ。芳香の立ち上がりは抜栓時は控えめ、徐々に黄色い果実や、ヴィオニエに特徴的なメロン系の芳香がでてきます。若いワインなので、はっきりとしたヴィオニエの桃やメロン感、黄色い果実のニュアンスはしっかりでています。酸もしっかりとあり、果実感のメリハリが良いです。
食前酒やサラダ、冷製の前菜などと相性がよさそうです。

リュベロンの偉大な生産者の一つシャトー・ラ・カノルグは、ボニューに位置しています。当主ジャン・ピエール氏の初めての収穫は1974年。有機農法に取り組んだ最初の生産者の一つで、現在一部ビオディナミも取り入れています。娘のナ タリーは政治学を学んだ後2000年から父親と働き始めました。陽気かつ上品、 太陽の恵みを受けつつ、野性的な部分と堂々としたリュベロンのワインを生産し ています。

2007年に公開された映画「プロヴァンスの贈りもの」(監督:リドリースコット 主 演:ラッセル・クロウ、マリオン・コティヤール)の撮影舞台となったことでも良く知 られています。原作者のピーター・メイル氏が、カノルグのワインが好きだという ことです。映画では、カノルグの « Coin Perdu » が登場します。 (インポーター資料より)

[白]シャトー・ラ・カノルグ/Chateau La Canorgue  カノルグ・ヴィオニエ 2019

価格:

2,800円 (税込 3,080円)

[ポイント還元 92ポイント~]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■ワイン情報
[産地]フランス ローヌ地方ボニュー
[タイプ]白・辛口
[品種]ヴィオニエ100%
[アルコール度数]13.5%
[醸造について]プレス後、低温で澄まし自然酵母で12日間発酵、マロラクティック発酵はせず、2か月間澱上で熟成

■ドメーヌ情報
[産地]フランス ローヌ地方ボニュー
[生産者]JPモルガン
[栽培方法]有機農法

このワインはナチュラルワインです。

ナチュラルワインとはブドウの栽培が有機であることに加え、天然酵母での発酵、添加物を極力使わないなど人の手でコントロールせずに「限りなく自然に造ったワイン」です。
一般的に自然派ワイン、ヴァン・ナチュール、ビオワイン、オーガニックワインとも呼ばれることがあります。

カーヴ・フジキの考える「ナチュラルワインとは」について詳しくはコチラ 

2020.6月下旬にスタッフ間でブラインドテイスティング大会を開催。
今回は品種、国(産地)、ヴィンテージが採点されます。
 

ブラインドテイスティング大会での2番目のワイン!

【ティスティングメモより】

【好き】 辛口・甘口問わず、綺麗な酸が感じられるワイン
【苦手】樽の香りやアロマティックな香りが強すぎるワイン


抜栓後すぐに試飲しました。
色調は輝きあるレモンイエロー。
華やかな花の香りと黄桃や杏のような少し熟した果実の香りが広がります。
口にふくむと香りの華やかさと同様に若々しいながら豊かな果実味と厚みのあるしっかりとしたボリュームも感じられます。酸はわりとおだやかで程よく、後味に少しほろ苦さがありますが、それがアクセントとなっていて、あまりもったりとなりすぎない印象です。温度が上がってくると、より芳醇な香りと味わいが広がっていき、ヴィオニエらしい特徴が出てくる気がします。
メイン料理としっかり合わせても良さそうなワインですので、少しスパイスをきかせた鶏肉のソテーとクスクスなどと合わせてみたい、ちょっとビストロ風に…。

いぬ子の回答です。
品種はヴィオニエ
国(産地)はフランスのローヌ地方
ヴィンテージは2019年

正解は…ヴィオニエ、ローヌ地方、2019年。あっ、当たっていました。
久しぶりのブラインドでのテイスティングでしたが、なかなか色々な発見があり勉強になりました。



【好き】  お出汁のような旨味のあるワイン
【苦手】 キシキシするほど強いタンニンを感じるワイン

抜栓後すぐと3日目に試飲しました。
澄んだ、綺麗なイエロー。開けたてはレモンピールやナッツの香りと、ミントやディルのようなグリーンハーブっぽさも感じられます。
味わいは柑橘系の爽やかさの後にリンゴや梨の甘みとキリっとした酸味が続き非常にバランスが取れています。香りの余韻が長く、時間が経つと徐々にトロピカルフルーツの旨味が広がってきます。飲む少し前にセラーから出しておくと良いかもしれません。
セロリのサラダ、アスパラのグリル、鯛やヒラマサのカルパッチョなどの前菜、チキンのローズマリーソテーなんかが食べたくなりました!

ひよ子の回答です。
品種:シャルドネ
国(産地):フランス、ローヌ地方
ヴィンテージ:2017
柑橘の爽やかさと豊かな果実味、すっきりとした酸味を感じたので、暖かい地方で造られ少し落ち着いた頃の味わいかな?と予想しました。残念。

3日目は若干のとろみが出て熟したフルーツの風味が増したように感じました。
初めてのブラインドテイスティングでしたが、自分の感覚を信じるしかないのでとても難しかったです。これからもっともっと経験を積んで、勉強頑張ります!!!




【好き】  ミネラル・塩味・シャープな酸味のワイン、ドイツワイン。
【苦手】  還元熟成香、過度な味わい



抜栓後すぐの試飲です。

色調は輝きのある、イエロー。
黄色の花、黄色いリンゴ、シャルドネ種にある整った香り。華やかさがあり、香りのボリュームは中程度。アフターに加熱調理したセロリの香りがほのかに。
フルツーのボリュームも中程度で、成熟度はさほど感じません。フレッシュでみずみずしい味わいにアルコールは強めで少し目立つ。酸味は穏やかでほろ苦さあり。

うさ子の回答です。
品種はゲヴェルツトラミネール(第一印象は仏ローヌのリーズナブルなヴィオニエ)
国(産地)は仏ローヌ(買いブドウ)←かなり無理があります。実は伊トレンティーノ・アルト・アディジェと書き直す勇気がありませんでした。
ヴィンテージは2018年。(2019年のワインはより若々しい印象なので)

不正解!!いろいろ迷って、たくさん考えてもやっぱり第一印象!またもや、がっくりでした。





こちらの商品もおすすめです

[泡]タケダワイナリー サン・スフル 白 2019

2,000円(税込 2,200円)
在庫  20  本
購入数

[白]ラ・ビアンカーラ/La Biancara マシエリ 2018

2,300円(税込 2,530円)
在庫  22  本
購入数

ページトップへ