2015年訪問記はこちら


ムッシュー・アッサンブラージュ

フィリップ・ジャンボン

Philippe Jambon


写真で見るより大きくて人当たりのよいジャンボン。
大きな身振り手振りでワインのキャラクターを表現しながらワインを試飲させてくれました。

パレットの上で自分の色を造るようにワインをアッサンブラージュ

彼の試飲スタイルははユニーク。
いくつかの樽から抜いたワインをグラスの中でブレンド、それはまるでパレットでオリジナルの色を造るような感じです。

区画違い、ヴィンテージ違いのワインを一見ランダムに混ぜているようにみえますが、個々のワインのキャラクターをきちんと把握しているからこそできることなんだと思います。
ブレンドするがゆえ、ワインは「vin de France」になってしまいますが、AOCのワイン造りたいわけではなく、味や香りを追求し「自分の味」を表現したい、ということが伝わってきます。

このドメーヌには秋・収穫&醸造~熟成~収穫前に瓶詰め~出荷という一般的なワイン造りのサイクルはありません。発酵が自然に終わるまでじっくりワインに付き合い、納得の味わいにたどり着くまであせらず待ち続けます。

いつリリースされるかわからない、あなたのワインが飲めて幸せです!

収量の問題とワイン造りのスタイルから、いつワインがリリースされるのか誰もわからないジャンボンのワイン。このスタイルを続けてこれたのは、日本のインポーターと日本のワインラバーのおかげでもあると言っていました。
15年も前から自分のワインを評価してくれたのは、フランス市場ではなく日本だったそう。己の道を突き進むだけでなく、自分を慕う若手生産者や新たにビオに挑戦する生産者を応援ことも忘れない器の大きいジャンボン、
唯一無二のあなたのワインが飲めて幸せです!