即日発送はクレジット・代引決済に限ります。また、当店では実店舗と在庫を共有しており、ご注文をいただいた時点で在庫切れとなっている場合があります。詳細はこちら>>

国産部門・エチケット部門

*こちらの企画は2015年末に開催しました。古くなってしまった情報もあるかもしれませんのでご注意ください。




2014年に引き続き、2015年もやっちゃいます!
カーヴ・フジキのスタッフたちが 「あれが美味しかった」「あのワインがスゴかった」と好き勝手に語り、今年スゴかったワインを選出します。
今年もガチで!というわけで売切れ商品も多くなってしまいますが、
また次のリリースを楽しみに、 スタッフと一緒に2015年を振り返りましょう♪





(ときに略称や敬称略でおとどけしています。ご了承の上、ゆるーく広い心でお読みください。
ワイン名や画像をクリックすると商品や生産者の詳細がご覧いただけます。)


今年も盛り上がりました!

ぶた子:「日本ワインのブーム、勢いは衰えるどころか増してますね。」

へび江「なんといってもブルータスの日本ワイン特集が印象的でしたね。ダイヤモンドさんのY3の評価には納得!」

うさ子:あのそうそうたるワインの中で2位って凄いですよね。
樽香と果実味の馴染み方が秀逸でした。」
*世界最優秀ソムリエ、パオロ・バッソさんのティスティングによるランキングで堂々2位!他にランクインしていたのはドメーヌ・タカヒコのナナツモリ、シャトー・タケダなど


リス子:
「今年は畑研修に行けたのも大きかったな。収穫と、奥野田さんでのワインの仕込み。
フジキワインがどんな味になるのか楽しみ。」

うさ子あのBBQで飲んだ奥野田さんのワインも美味しかったですね〜」

ぶた子:セレンディピティですね。」

へび江:「冷やして飲んだの美味しかったね。あれはフジキのお客さんが好きそうなかんじ。」

うし美:
「私は断然「こことある」の2本だな。特に『ぴのろぜ』!あっという間に売り切れ。
自分用にもっと買いたかった。」


うさ子:「身体にしみわたるような優しい美味しさでしたね。優しいのに余韻がじんわり長い・・・。」

うし美:「余市ぶどうからのワインは全て美味しかったよ。決して強くないけど、のびやかで、透明感ある味わい」

へび江:
ジュラのワインみたいでしたよね。私も買いたかった〜。」

リス子:「ココ・ファームはブラン・ド・ノワールも美味しかったね。シャンパーニュに匹敵すると言っていいと思った!」

うさ子  「そうですね。美味しすぎて国籍不明!?ココ・ファームさんの実力を感じました。
今年私はココ・ファームさんに訪問したのもあって、推したいですね。」

へび江:「私は今年の春先にやった旭洋酒のイベントで飲んだワインが印象にのこってます。特にピノ。
こんなに美味しかった!?そしてこの価格で!?っていう嬉しい驚きがありました。
変なブルゴーニュ・ルージュ買うよりコスパがいいと思う。」

うし美:「旭洋酒さんのワインは食べ物のイメージが浮かぶ、広がる。
最近だと焼き銀杏と甲州の組み合わせは秀逸だったな〜。写真あるから載せといて。」

へび江:「はい。(笑)」


ぶた子:
旭洋酒さんは『ボワ・ドルマン』も良かったですね。ボワ・ドルマンは日本のメルローでも上位だと思います。」

へび江:「イベントでは鰻と山椒に合わせて、それも相性ぴったりだったね。
旭洋酒さんのワインって、特別無添加とかビオとかが売りではないと思うんだけど、飲んでて身体に無理がない感じがするな〜。」

リス子:
「わかる〜。旭洋酒大好き。」

うさ子:「旭洋酒さんって、リピーターの方が多いですけど、通な方が多いかんじしますね。」

うし美:「いろんなワインを知ってる人が普段飲みに旭洋酒を選んでるのって格好いいよね。
食べたいもののイメージが広がるワインって本当の意味でのテーブルワイン。
ドメーヌ・オヤマダとかも本当はそういう味わいなんだけど・・・」

リス子:「入手困難すぎてテーブルワインというわけには・・・」

ぶた子:
「リピーターが多いといえば、タケダワイナリーのサン・スフル
人気が衰えない!


へび江:「たしかに。キング・オブ・テーブル泡!レア物みたいなワインもいいですけど、ああいう『買える人気ワイン』があるのも心強いですね。」

うし美:「こういう良い生産者と、お店のオープンから継続してお付き合いできてるのは本当に嬉しいこと。」

ぶた子:「そうですね。特にダイヤモンド酒造のY3と、旭洋酒の千野甲州はオープン当初にお勧めしてたのを覚えてます。」

リス子:「懐かしい〜。そうだったね。」

うし美:「あのとき以上に日本ワインが注目されてる今もその2本はやっぱりスゴい!」






ぶた子「『ボワ・ドルマン』はエチケット部門にもノミネートしてほしいです。
私はメルロ=深い森というイメージがあったんで、まさにイメージピッタリ!」

うし美:「こことあるの『ぴのぐり』もエチケット部門にいれて!絵本の世界みたいでかわいかった♡
最近年とってファンシーなものに惹かれるの。(笑) チェパイオーロも好きだったし。」

ぶた子:ブロックのアナグマもファンシーといえばファンシー?何度見ても癒されます♡」

うさ子:「部屋に飾っておきたいくらいカワイイですよね〜!」

へび江「ネロ・ターヴォラは去年も候補に入れたかったんですよね。日本輸入前ということで対象外でしたけど・・・。やっと会えたね♡って感じです。」

リス子:「ブロックならマクヴァンも良くない!? ボトルの形から何からとにかくおしゃれ。」

ぶた子:
「オシャレなシャンプーかと思いましたよね。ブロックはいつもとにかくオシャレ。
あとはパルティーダ・クレウスも格好良かった。」



へび江:
「あ〜 忘れてたけど恰好よかった!私もパルティーダ・クレウスに1票!
エチケットが恰好良いとホームページ用の写真撮るのも楽しいんですよね。」

ぶた子「パルティーダ・クレウスは蝋封の色もエチケットに合わせてるんですよね。ピンクの蝋封を始めてみました。」



リス子
「フランソワ・サン・ロも好きだな〜」

うし美:「『海賊王に、おれは、なる』っぽいよね、サン・ロ。」

へび江「私は昔の少女漫画みたいだなって思ってました。」


うさ子:「私はシルヴァアン・ボックも好きです。Tシャツにしたい。」

一同「え〜〜!?」

へび江:
「えっ。本当!? 私『すごく美味しいのにエチケットイマイチでもったいないな』って思ってた。(笑)」

うし美「でもちょっとTシャツにありそうだね。(笑)」

うさ子:「カワイイと思うけどなぁ・・・。」


つづく




デイリーワイン部門

*こちらの企画は2015年末に開催しました。古くなってしまった情報もあるかもしれませんのでご注意ください。





2014年に引き続き、2015年もやっちゃいます!
カーヴ・フジキのスタッフたちが 「あれが美味しかった」「あのワインがスゴかった」と好き勝手に語り、今年スゴかったワインを選出します。
今年もガチで!というわけで売切れ商品も多くなってしまいますが、
また次のリリースを楽しみに、 スタッフと一緒に2015年を振り返りましょう♪





(ときに略称や敬称略でおとどけしています。ご了承の上、ゆるーく広い心でお読みください。
ワイン名や画像をクリックすると商品や生産者の詳細がご覧いただけます。)


3000円以下の価格帯限定のスゴかったワイン!

ぶた子:「年々ワインが値上がりしている中で、3000円以下でがんばってくれてるのって貴重ですよね。」

リス子「それでも美味しかったワインもかなりあったよね。」



うさ子:
「いきなり本命いってもいいですか?ジル・アゾーニ

へび江「スタッフ試飲したときのこと覚えてるよ。
その日は他にも高いワインとか、結構おいしいワインが開いてたんだけど、
最後に『ファーブル』飲んだらみんなで『ああ〜』ってなっちゃって。もう旨味がすごかった!

うさ子:「ピュアな感じが大好きです。いつも食卓にいて欲しいワインですよね。和食に合うし、青魚もいい。」

うし美:「なんでも合うんだよね。中華、エスニック、ビストロメニューも。」

へび江:「あのときはもつ煮込とかあるような居酒屋に置いてあってほしいって話してましたよね。」

ぶた子:
『ファーブル』『ロベール』も『ネジュマ(白)』も、無添加で2000円台であの味、他の追随を許さないって感じ!」

リス子:「ワインもすっごく美味しかったし、あの訪問BLOGのエピソードが忘れられません。お墓・・・」

一同:
「お墓・・・。笑」

うし美:「明るくて陽気にいろいろ話してくれたから、今思うと嘘っていうか、冗談だったのかもしれないんだけどね・・・」

へび江:「趣味はトリュフ探し、祭りの企画。最高ですよね。」

うし美:  「人生を楽しんでる!
あの面白さも魅力だけど、今のアルディッシュの礎を築いたっていうところと、後継者育成の姿勢とか、素敵な部分も忘れないで欲しいな。」

ぶた子:「今年はアルディッシュな年でしたね。その代表という意味でも受賞ものかも。

リス子:
「全部美味しかったけど、、強いて選ぶならやっぱり『ファーブル』

うし美:「そうねー。本人も一番のお気に入りってことだから。」

へび江『ファーブル』は個人的にはデイリー部門どころか今年ベストを争う勢いで好きですね。何本買ったことか。」

うし美:「みんな大好きだもんね〜。このままだと審議なしでジル・アゾーニに決定しちゃう?」

うさ子「皆さん、レ・ヴァン・コンテのこと忘れてません?」

 

ぶた子:
「確かに!コスパの面でもジル・アゾーニと双璧と言っていいかも。」

うし美:「正直今まではそこまでピンときてなかったんだけど、今年はよかったね。安定感とナチュラルの両立が見事!特にR14ル・ピュイは定番でずっとあってほしい。」

うさ子:某他社のインポーターFさんも絶賛してましたよね。」

へび江「なんてったってレ・ヴァン・コンテ友達が多そうな味しますからね。」

うし美:「また言ってる」

へび江:
「飲んだことある人に言うと、案外納得してもらえるんですよね〜。」

ぶた子:「なんとなくわかる気がします。(笑) 人懐っこい感じがするっていうところですかね?」

へび江「難しくなくて開いてて明るい、みたいな?」

ぶた子:「他に良かったデイリーワインありますか?」



うさ子:
「定番なんですけど、アリアンナ・オッキピンティのSP68。2014年はまた一段と好きな感じでした。
きれいでフルーティでバランスよくて、とにかくお勧めしまくりましたね。」

りす子:
「私はヴァンサン・リカールのムスー。ホントに大好きな味。」

へび江「春に入荷したときは青リンゴみたいな爽やか系で、秋に再入荷したらちょっとこっくりと濃厚さが出てて、それぞれ美味しかったですよね。」

ぶた子:「リピーター多いですよね」

うさ子:「私も好きですね。毎日でも飲めるかも。」

ぶた子:バスキュ―ルも一応3000円以内ですか?ローヌであそこまでエレガントなワインていうのが衝撃でした」

うし美:ボックは全部美味しかったよね。旨味系〜♡ 赤も白も美味しい人って貴重。」

へび江:「ですね。ボックはバスキュールだけじゃなくて他のワインも語りたい!生産者部門の方で話しませんか?」

つづく




ワイン部門・生産者部門

*こちらの企画は2015年末に開催しました。古くなってしまった情報もあるかもしれませんのでご注意ください。





2014年に引き続き、2015年もやっちゃいます!
カーヴ・フジキのスタッフたちが 「あれが美味しかった」「あのワインがスゴかった」と好き勝手に語り、今年スゴかったワインを選出します。
今年もガチで!というわけで売切れ商品も多くなってしまいますが、
また次のリリースを楽しみに、 スタッフと一緒に2015年を振り返りましょう♪





(ときに略称や敬称略でおとどけしています。ご了承の上、ゆるーく広い心でお読みください。
ワイン名や画像をクリックすると商品や生産者の詳細がご覧いただけます。)



いよいよ今年のベストワイン!

ぶた子:「じゃあ、みなさん今年印象に残ったワイン、言ってきましょうか。」

へび江「去年私はブレッサンのローザンティコを推したんですけど、今年もロゼを。
シュトロマイヤー、全部美味しくて、特にゼクトも良かったんですけど、あえてカルミン・ロゼ。」

リス子:お鮨と飲んだの最高だったね〜。
*フジキスタッフ全員参加の御祝いの席で、お鮨にシュトロマイヤーずくしを体験しました!



へび江「そうなんですよね!お鮨のイメージが鮮烈でした。
あの野草のブーケのような香りが今まで出会ったことのない感動でしたね。」

ぶた子:「お鮨にも合ったし、お客様にいただいたキャロットケーキとの相性も良かったですね。」
 
へび江「そう!ワインのハーブ感がケーキ部分のスパイスとぴったりで、
上のチーズクリームとミルキーな風味がマッチ。
ああいう香りもあって、華やかなワインって食事が難しいかと思ってたんですけど、自分の中での常識を覆されました。」

うさ子:
シュトロマイヤーは生産者部門でもいいですよね。新しい出会いとしては大きかったと思います。」

うし美:
「私はエルヴェ・スオーかな。ガメイ。美味しすぎ。


へび江「ああ〜。新しいヴィンテージもまた美味しかったですね〜。安すぎると思います。」

ぶた子:「エレガントですよね。ピノノワールみたいでもありますし。」

へび江:「ちょっと昆布出汁みたいな旨味を感じました。で、余韻がほんの少しだけバラの香り。
上品な和食に合いそう。」

うし美:アリス・エ・オリヴィエのシャブリも良かったよね〜。この2本は片方にしぼれないな〜。」

ぶた子:「あのキレイなエチケットも黄色い蝋封もイメージぴったりですよね。」

うし美:
  
美しすぎるシャブリだよね!熟成したのを飲んでみたい。」

うさ子:「私も好きでしたね〜。塩レモン味♡
普段買うワインとしてはちょっと高いけど、あれならここぞというときに買いたいなって思いました。」

へび江:「リス子さんもアリス・エ・オリヴィエ・ドムール好きなイメージあります。」



りす子:
「でも私のベストはねぇ・・・ジャン・フルニエのマルサネ クロ・デュ・ロワ

へび江:「意外!たしかに美味しかったけど、なんていうか結構きちんとした味ですよね。」

ぶた子:「茶葉っぽい赤好きなんで、私も結構すきでした。」 

リス子:
「なにか理由をつけて買いたいなって思ってる。そのくらい好き。」

へび江:どんな人にもおすすめできるし、濃いめの和食に合いそうだからお正月にいいですよね。
昔ながらのワイン好きな方も納得できるタイプの美味しさだから、ギフトにしても安心。

うし美:
酒質が素晴らしいんだよね。艶やかかつ落ち着いた渋みがなんともいえない。」

ぶた子:「私はサン・ロステファン・ベルノドーですね!」

りす子:「私もサン・ロですね〜。カベルネフランの美味しさ!

うし美:「2012のサン・ロのフランは衝撃的な美味しさだったね!」

へび江:
「大理石の感触!あのひんやりとすべすべしたイメージなんですよね。
ナチュラルなのに濁っとしてないところも良かったです。」

うさ子:
「今年は美味しいフランを沢山知った年かも。その中でも印象的だったのはサン・ロですよね。
とにかくピュアでナチュラル!『こういうワインを飲みたかった』って思いましたね。」

へび江:
「ほんとそう。フラン、前は苦手な品種だったのに、今では大好きなくらいです。」

うし美:「個人的には新しい13ヴィンテージはまだちょっとピンときてないんだよね」

りす子:「開けたてはガスがかなりありましたね。12とはちょっとちがう元気さでよかったですけどね・・・。」

うさ子:「2日目の方がよかったですね。届きたてであけちゃったから、落ち着いてからまた開けたいですよね。」

ぶた子:
「ステファン・ベルノドーのフランも美味しかったですよね?シュナンは相変わらずもちろん美味しくって、初めて飲んだ赤やロゼの微発泡も全部共通する雰囲気があって・・。」

へび江:「あのステファン・ベルノドーのロゼ微発泡と、サン・ロの微発泡はドライさとミネラル感に似た部分を感じました。」

うさ子:
「新しい出会いという意味では生産者部門という気もしますね。」


というわけで・・・
へび江:「去年はゼップ・ムスター、ブロック、オスキュロ、ツェッペの4生産者だったので、今年はサン・ロボック、あとはシュトロマイヤーあたりの戦いかと思ってたんですけど、この年末にきて大波乱が!」

 
うし美:2年連続の勢いでツェッペがスゴイ。

ぶた子:2年連続も仕方ないくらいのクオリティーでしたね。」

へび江:「もうベスト・ジーニストみたいに殿堂入りとかにしたらいいと思うんですが・・・」



りす子:
「去年日本に入らなかったワインが入って、それがまた美味しかったね。」

うさ子「ガヌヴァもそうですけど、味や希少性に対して価格は多少高くても仕方ないって感じですもんね。」

へび江:「そういう意味ならシュトロマイヤーじゃないですか。それこそツェッペやガヌヴァに並ぶ存在感がありますよね。」

うさ子「独特の存在感がありましたよね。味わうたびに新しい発見や感動がありました。」

へび江:「今年フジキスタッフはきれいなワインに惹かれる傾向だったかな、と思うんです。でもシュトロマイヤーはちょっとだけその枠からはみ出てるのがいいかなって思います。」

うし美:「確かにちょっとキレイな方向多めだね。もうだくだくしてるのはいいかなって思って。(笑) 
最近のドメーヌ・ブランドもそうだけど、ナチュラルなのにキレイなのって美味しいじゃん。」

へび江:「不完全なものこそナチュラルだ、みたいなのは違いますもんね。」

ぶた子:
サン・ロボックもキレイでいいですよ? 
サン・ロはあの若さでほんと・・・天才だと思います。



リス子:
「サン・ロ、イケメンだしね。」

うし美:「細マッチョだしね。」

ぶた子「ボックは『赤も白も美味しい人って珍しい』ってうし美さんも感動してたじゃないですか!」

うし美:「そうだね。イベントで一通り飲んだ時、この『スゴイワイン』のネタになる!って思ったよね。」

ぶた子:「赤も白も高いのも安いのもそれぞれ美味しいのがスゴイですよね。」

うさ子「幅が広いですよね。最初にのんだ『バスキュール』で、ローヌなのに薄ウマな赤♡ って思って、その後上級のキュヴェや白を飲んで、そのバリエーションの豊富さには驚きました。」

へび江:
「候補がしぼれたところであとは最終投票ですかね〜」



残すはいよいよ結果発表!




結果発表

*こちらの企画は2015年末に開催しました。古くなってしまった情報もあるかもしれませんのでご注意ください。





2014年に引き続き、2015年もやっちゃいます!
カーヴ・フジキのスタッフたちが 「あれが美味しかった」「あのワインがスゴかった」と好き勝手に語り、今年スゴかったワインを選出します。
今年もガチで!というわけで売切れ商品も多くなってしまいますが、
また次のリリースを楽しみに、 スタッフと一緒に2015年を振り返りましょう♪





(ときに略称や敬称略でおとどけしています。ご了承の上、ゆるーく広い心でお読みください。
ワイン名や画像をクリックすると商品や生産者の詳細がご覧いただけます。)



いよいよ結果発表!
  

日本ワインブームの盛り上がりを象徴する1本ともいえるこのワインが受賞!



ダイヤモンド酒造 ますかっとべーりーA Ycube 2013


次点



ココ・ファーム・ワイナリー こころみシリーズ のぼ ブラン・ド・ノワール 2011


ココ・ファーム・ワイナリー こことあるシリーズ ぴのろぜ 2014【完売商品】



ぶた子:
「去年は千野甲州が受賞でしたが、その千野甲州と並んでオープンからおすすめしてきたダイヤモンドさんが受賞!! 
ブルータス誌のランキングでは錚々たるレアワインを抑えての2位と大健闘しましたね。ブルータスでは2位でも、フジキでは1位です!」

うし美:
『本当に良いワイン』って言っていいと思う。誌面では『海外に通用するベーリーA』みたいなコメントだったよね。まさにその通り!
あとは『買えるワイン』をもっと褒めたいっていう気持ちもあるよね。」

へび江:「日本ワインブームは去年より更に過熱気味で、買えないワインばかりでしたからね〜。
店頭ではブルータスをきっかけにこのワインを手にとってくださるお客様が、『美味しかったからもう1本』とか『美味しかったのでギフトに』というふうにリピーターになってくださったのも嬉しかったです。」

 





パルティーダ・クレウス 全部! 【全て完売】



次点

ブロック・セラーズ/Broc Cellars  ネロ・ダーヴォラ メンドシーノ 2014【完売】






 
レ・ヴァン・コンテ/Les Vins Contes ル・ピュイ・ブラン 2014


次点


ジル・アゾーニ/Gilles Azzoni ル・レザン・エ・ランジュ ファーブル 2014


ジル・アゾーニ/Gilles Azzoni ル・レザン・エ・ランジュ オマージュ・ア・ロベール 2014



うさ子:「デイリーはレ・ヴァンコンテジル・アゾーニがとにかくスゴかったですね。味も人気も。」

ぶた子:
「共に2000円台半ばってスゴイですよね。」

へび江「どちらの生産者も食卓に似合うワインというイメージです。」

ぶた子:「かなり接戦でしたけど、僅差でレ・ヴァンコンテが受賞ということで・・・」

うし美レ・ヴァン・コンテは他のワインも、バリエーションが豊かなのがスゴイとおもう。中でもコストパフォーマンスという意味ではこの「ル・ピュイ」が最強だったね。」

ぶた子:「夏から引き続いてのレ・ヴァン・コンテの人気っぷりはすごかったですよね。そのお客様の反応も込みでの評価ってところでしょうか。」

うし美「 うん。ジル・アゾーニもほんとーーーに美味しかったんだけどね・・・甲乙つけがたかった!」






アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール/Alice et Olivier de Moor シャブリ ユムール・デュ・タン 2013


次点

フランソワ・サン・ロ/Francois Saint-lo VdF オン・レム・ナチュール 2012【完売】
(*新ヴィンテージはこちら)


りす子:「サン・ロ敗れる・・・でもシャブリは本当に美味しかったもんね〜・・・」

ぶた子:
「何度も飲んだことある生産者なのに衝撃的でしたからね!」

うし美定番だけどスゴかった。日本ワイン部門同様、こういうお馴染みの生産者のこともちゃんと褒めていきたいな〜」

へび江:「他にも定番で扱ってる生産者やワインがありますけど、ヴィンテージによってまったく違った表情を見せてくれるものもありますよね。
一度飲んだワインも是非また出会い直してほしいという意味もこめて投票しました。」






シュトロマイヤー


次点


シルヴァン・ボック

うさ子:アンドレアス・ツエッペが2連覇かとも思われた生産者部門ですが・・・」

へび江「今年の生産者部門は荒れましたね!」

ぶた子:「定番生産者が軒並み受賞した各部門でしたが、生産者部門は新しい出会いのこの2組ですね。」

へび江「この2組に共通するのは『1本に絞れない、全部のワインがスゴかった』というところでしょうか。」

うし美:「シュトロマイヤーは通むけのワインだよね。
複雑で、わかりやすくないんだけど、何にも似ていない・・・こういう生産者と出会えたことに感謝したい。そういう意味での受賞だね。」

りす子:「食べ物との相性を実感できたのも大きかったです。ぜひボックもそういう場をつくりたいですね。笑」

うし美:「ボックはこの投票が終わってからも新入荷がきてて、またそれも美味しいんだよね。」

へび江「そうですね。ボックは安いワインも価格以上に美味しくて、高級ラインはまたそれ以上の上級感がある。そしてキレイなのにナチュラル。全部のワイン、それぞれの価格帯が別の美味しさがある人って他にあんまり思い当たらないです。」

 

2015年のスゴかったワインが(勝手に)決定しました。

受賞ワインを眺めていると、不思議と今年という年が見えてくる気がするのが不思議です。
日本ワインのブーム、レ・ヴァン・コンテの進化(!)、
定番生産者ジル・アゾーニ&アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムールの美味しさを再確認、
新しい才能との出会いフランソワ・サン・ロ&シルヴァン・ボック
そしてその流れの中でも独自の存在感で輝きを放ったシュトロマイヤーが生産者部門を制しました。

今年もスタッフの言いたい放題にお付き合いくださいましてありがとうございました!


 

ページトップへ