即日発送はクレジット・代引決済に限ります。また、当店では実店舗と在庫を共有しており、ご注文をいただいた時点で在庫切れとなっている場合があります。詳細はこちら>>

このワインがスゴかった2014_1

*こちらの企画は2014年末に開催しました。古くなってしまった情報もあるかもしれませんのでご注意ください。

スタッフの部屋 特別企画


もうすぐ2014年も終わり、今年一年ワインを飲みまくった(!)カーヴ・フジキのスタッフたちが
「あれが美味しかった」「あのワインがスゴかった」と語りたいための企画です。
売切れ商品はまた次のリリースを楽しみに、
スタッフと一緒に2014年のナチュラルワインを振り返りましょう♪


1         【投票結果】

(ときに略称や敬称略でおとどけしています。
ワイン名や画像をクリックすると商品や生産者の詳細がご覧いただけます。)



新しい生産者と出会いの多い1年だった

うし美:「まずは今年良かった生産者から。みんな『あの辺の棚』なんじゃないかと思うけど・・・・。」

ぶた子:「なんと言っても今年はツェッペ!衝撃でした。」

うさ子:「エチケットも最高だし、味も文句なしに良いし。なんで今まで日本に入ってこなかったのてっていうくらい。」

へび江:「ナチュールどっぷりな人にも、ブルゴーニュしか飲まない、みたいな人もいけますよね。」

ぶた子:「うす甘好きな私には青トンボ『プラス』がたまりません。酸がきれいで甘みがあるのが最高!」

うし美:「9日目の蝶(シュヴァルベンヴァルツやばかったな~~。最初はアロマティックで派手な味だと思ったけど、日が経つにつれてスパイスの複雑な香りになって・・・。」

うさ子:「ソービニヨン&シャルドネはどれも好きだけど・・・私は緑のトンボかな。基本キレイなんだけど、すこしだけオリエンタルというか。」 

へび江:「私はサラマンダー(シャルドネ)が雄大な感じがして好きです。ちょっとガヌヴァのシャルドネに共通するようなキーンとした感じがある。」 

リス子:「ツェッペもいいけど、私はゼップ・ムスターがツボにはまったな。たぶん何作っても好きだと思う。愛してるもん。」

うし美:「愛してるはまず旦那に言ってください(笑)」

へび江:「ゼップ・ムスターはデイリー価格帯のも美味しいし、オレンジワインも共通したほっこり感があっていいですよね~。」

ぶた子:「しかもゼップ・ムスターツェッペは同じ村っていうのがまた面白いですよね。暖かみのあるゼップ・ムスターツェッペは・・・」

  
うし美
:「ツェッペはクール・ビューティ!」

へび江:「他に印象に残った生産者は?」

うし美:「個人的に今年はオスキュロとの出会いも大きかったな~」

ぶた子:「年始早々に『お気に入りof the YEAR決定!』でしたもんね。」

うさ子:「シラーズやピノのエレガントな赤もいいし、酸化の白も面白いし。個人的にはヴィオニエが大好きです!」

ぶた子:「あのヴィオニエは・・・ぜんぜんヴィオニエじゃない(笑)」

うし美:「みんなあの泡を忘れてない!? あの幅15cmの平均台を歩いてるみたいなギリギリ感がいいんだよ~」

へび江:「絶妙な酸化具合ですよね~。
ロゼ好きとしてオスキュロのロゼは今年一番っていうくらい好みでした。」

リス子:「あのロゼ美味しかった~~~~!来年日本に割合がないみたいですっごく残念!
そういえばこの前中華で飲んだブレッサンのロゼに似てない?大人っぽい苺のかんじ。」

みんな:「あのロゼも美味しかった~~~!!!

うし美:「ベリー&薔薇に八角の風味、中華に合ったねー」

ぶた子:「私はお菓子に合わせてみたいです。マカロンとか、フルーツのチョコレートとか。」

リス子:「それ最高!高級感あるマリアージュ♡ 」

今年一番の驚きはブロックセラーズ!

うさ子:「ブロックセラーズはどうですか?ヴァルディギエ美味しすぎてblog書いちゃった程です。」

へび江:「ヴァルディギエもすごいけど、なんと言ってもあのジンファンデル!びっくりしたな~」

うさ子:「あの淡い色をみてジンファンデルとは言えないですね。」

ぶた子:「絶対わからない!ブラインドで飲んだらジュラのワインだとしか思えないですよね」

うし美:「みんなジンファンデル!?私はカベルネフランもすきだな。」

へび江:「どちらもうちのショップでは不人気ぎみな品種ですけど、先入観をもつのは良くないって改めて思いましたよね。」


リス子:「こう見ると本当に新しい産地の生産者との出会いが多かったね~。」

うし美:「新しい産地といえばジョージアワインもだね。アワーワインのルカツティリのテクスチャーが忘れられない・・・。」

ぶた子:「あまり数が入らなかったけど、今回入荷した中ではやっぱりアワーワインが良かったですよね。」

うし美:「ちなみにフェスティヴァンでお会いしたアワーワインのソリコさんは
尊敬する素敵なおじさま造り手ランキング上位にくいこむ勢いでステキだった♡」

うさ子:「他は誰なんですか?」

うし美:「カゾ・デ・マイヨールのアラン・カステックス、サンソニエールのマルク・アンジェリそしてソリコさん。」

うさ子:「今年美味しかったワインの造り手ばっかり~!」

へび江:「インパクトのある出会いが多かったけど、そんな中で私はシャソルネイがスゴイなって思いました。
去年リリースの2011が美味しすぎたから、トーンダウンしちゃうかなーって誰もが思ってたのに、
予想を裏切って超おいしかった!

リス子:「ちょっと値上げしちゃったけど、その価値あるよね。熟成させたくてサン・ロマン赤両方買っちゃった~。」 

ぶた子:「この前フレデリック・コサールが来日してたときに、あの時飲んだ99のサン・ロマンのボトルみつけてびっくりしてましたよ。
生産者もビックリするような貴重なワインを飲めて本当に幸せ。」 

うし美:「いただいたお客様に感謝だねえ・・。」
へび江:「熟成したサン・ロマン美味しかったですねえ・・・。」

うさ子:「それにしても今年はほんと~にいろんな生産者が来てくれましたね~。」

うし美:「よし、じゃ~次は今年の来店イベント振り返ろう!」






1         【投票結果】

このワインがスゴかった2014_2

*こちらの企画は2014年末に開催しました。古くなってしまった情報もあるかもしれませんのでご注意ください。

今年良かった生産者について語った第一弾に続いて第二弾!
今回は来店してくれた生産者を振り返ります。

スタッフの部屋 特別企画


もうすぐ2014年も終わり、今年一年ワインを飲みまくった(!)カーヴ・フジキのスタッフたちが
「あれが美味しかった」「あのワインがスゴかった」と語りたいための企画です。
売切れ商品はまた次のリリースを楽しみに、
スタッフと一緒に2014年のナチュラルワインを振り返りましょう♪
(ときに略称や敬称略でおとどけしています。
ワイン名や画像をクリックすると商品や生産者の詳細がご覧いただけます。)


   2      【投票結果】





マルク・テンペ3回目の来日!


リス子
:「えっと、今年来てくれたのは・・・」

うさ子:「アレクサンドル・バン、マルク・テンペ、
シリル・アロンソ&フロリアン・ルーズ、
レスカルポレット、ムーゾン・ルルー、
セバスチャン・リフォー・・・いっぱい来てくれましたね~」

うし美:「誰が印象に残ってる?」

ぶた子:「今年もマルク・テンペが来てくれましたね。」


うし美:「なんと3回目の来店開店4年で、3回!」

うさ子:「3回目でも予約もすぐ埋まったし、テンペ人気おそるべし。」

へび江:「何度か会ったお客さんの顔を覚えてたんですよ!すごいです。」

うさ子:「香りも味も主張があるから、ちょっとの試飲でも印象に残りますよね。」

ぶた子:「限定のアリアンス&ローズ・ソバージュの人気も鉄板だし、あのときは赤も良かったんだよね~」

うし美:「個人的に印象に残ったのはやっぱりレスカルポレットのイヴォ!
去年訪問したときから『これは!!』と思ってた!!」

へび江:「日本でのリリースがまだ2回目というのもあって、実は予約はのんびり集まった感じでした。それでも、あんなにワインが人気だったのって凄いですよね。」

うし美:「飲んだら良さがわかるよね。飲む前は『南仏なのに4千円台か~』って思うかもしれないけど、一度飲んだら『この味で4千円なら納得!』ってなると思う。」



仲良しのふたり、リフォー&バン

へび江
:「人気!といえばセバスチャン・リフォーもですよ。実際ワイン美味しかったですよね~。欲しくなるのもわかる!」

うし美「しかも全部のキュヴェがまんべんなく人気だったね。」

ぶた子:「リフォーのワインは酸化してるし個性的なんだけど、実は不安定さがなくて本当に凄いです。
あの時買っていただいたお客さんには何日かかけてゆっくり飲んでもらいたいな。」

うし美
:「あの風貌でワインはあの個性的な味で、どんなエキセントリックな人が来るのかと思ったら、
なんていうか、・・・・木訥とした(笑)」 

へび江:「控えめな(笑)」

ぶた子:「通訳できてくれた新井順子さんの方が目立ってたくらい(笑)」

へび江:「リフォーがアレクサンドル・バンのワインをみつけてにっこりしてたのも印象的でした。」

うさ子:「そのアレクサンドル・バンも来てくれましたね。彼もさすがの人気っぷりでした。」

うし美:「つつみこむような優しさと熱い語りには魅了されたな~。」

ぶた子
:「ほんと熱い男って感じ!話しても話しても話したりない、という勢いでしたね。」

うし美:「最後は『今日来れなかったお客さんにもボクのワインをしっかり伝えてほしい!』とお願いされたり、人間味あふれるナイスガイだった。
生産者の人となりが感じられるのも来店イベントの醍醐味だよね。」

 

ぶた子:「そして秋にはシリル・アロンソ&フロリアン・ルーズ P・U・Rのコンビですね。」
うし美:「意外とひかえめなシリル・アロンソに対してぐいぐい饒舌なフロリアン。」

ぶた子:「コンビというか相棒感ありましたね!」

うさ子:「終わった後に仲良くロワレットのビールをリクエストしてましたね。ヌーヴォーのブドウ収穫前の来日でハード・スケジュール、相当お疲れだったみたい。」

へび江:「すごい美味しそうに飲み干してましたね~」

うさ子
:「イベントじゃないけど、ヌーヴォーのタイミングでフレデリック・コサール&ケヴィン・デコンブも立ち寄ってくれました。」

へび江:「ヌーヴォーで、コンビで、ロワレットのビールが好きという共通点が。(笑)」

ぶた子
:「写真のまんまだった!その日の朝まで飲んでたらしいけど造り手二人はめっちゃ元気でハツラツとしてました。インポーターさんはちょっとしんどそうだったけど・・・(笑)」



ぶた子:「これもイベントじゃないけどヤウマのジェームスさん。面白い写真たくさん撮らせてもらいました。逆立ちしてくれたり。(笑)」

リス子:「それ写真掲載しようよ。(笑)」

うさ子:「そんなお茶目だけど、実はスゴイ人なんですよね。元OZナンバー1ソムリエ!」

へび江
:「え~!そんなスゴイ人とは露知らず・・。陽気なお兄さんだなーと思ってた~。」

うし美
:「あとはなんといってもブルーノ・ディシェン

リス子:「ブルーノ・ディシェンもいい写真だったね~。」

うし美
:「来てくれて嬉しかった~♡」

リス子:「こうやって来年もいろんな人に会いたいね~~♡」

ぶた子:「そういえば、ヌーヴォー解禁日翌日くらいに、恐らくボージョレの造り手だろうおじさん3人組が買い物に来てくれたんですけど・・・
新井順子さんの白のヌーヴォーをみて『これが白なんて信じられない!ありえない!』って言って、一回帰ったけどすぐ戻って来て買ってくれたんですよね・・・」 


みんな:「なにそれ~!(笑)」




というわけで次回は「デイリー部門」「ジャケ買い部門」「国産部門」など、2014ベストワインについて語っていきます!



   2      【投票結果】

このワインがスゴかった2014_3

*こちらの企画は2014年末に開催しました。古くなってしまった情報もあるかもしれませんのでご注意ください。


今年良かった生産者について語った第一弾
今年来店してくれた生産者についての第二弾に続いて第三弾!
今回はいよいよ『このワインがスゴかった』を部門別に振り返ります!!


スタッフの部屋 特別企画


もうすぐ2014年も終わり、今年一年ワインを飲みまくった(!)カーヴ・フジキのスタッフたちが
「あれが美味しかった」「あのワインがスゴかった」と語りたいための企画です。
売切れ商品はまた次のリリースを楽しみに、
スタッフと一緒に2014年のナチュラルワインを振り返りましょう♪
(ときに略称や敬称略でおとどけしています。
ワイン名や画像をクリックすると商品や生産者の詳細がご覧いただけます。)




      3   【投票結果】


国産ワインもスゴかった部門 

ぶた子:「ではいよいよ今年スゴかったワインを決めていきましょう。まずは国産部門。」

うさ子:「国産ワインの人気はどんどん盛り上がってる雰囲気がありますね。」

ぶた子:「今年はドメーヌ・タカヒコと四恩醸造の取扱いがスタートしました。」

リス子:「四恩さんのリリパ楽しかったな~」

うし美
:「タカヒコ、農楽蔵10Rの北海道トリオの人気はすごいよね~。
あと北海道といえば、ココファーム×藤澤ヴィンヤード(北海道・余市)のツヴァイが美味しくってびっくりした!酸がきれいで味がのってる。」

へび江:「いままでのココファームにない感じの味でしたよね。国産の枠にとらわれていないというか・・・。
この前のんだ旭洋酒のロゼも美味しかったなぁ。複雑味のある味で。
日本のロゼは好きなものが少ないけど、あれは良かった!」

リス子:「私は甲州が好きだから・・・ダイヤモンドも好きだしルミエールも全部好きなんだけど・・・。
ひとつ選ぶとしたら千野甲州が好き~。毎年出るの楽しみにしてるの。ミネラル感といい果実味といい大好きな味。」

うし美:「タケダワイナリー蔵王スターの特別醸造もノミネートにいれて~!あの価格であの味はほんっとーーーにスゴイよ。」



ぶた子
:「あとは店頭で人気の奥野田ワイナリーですよね。
うちのお店のカラーに合ってる!って感じます。
どれ飲んでも美味しくて、ひとつ選ぶのが難しいけど・・・あえて選ぶならハナミズキですかね~。」

うさ子:「いちばんリピーターが多い国産ワインはタケダのサンスフルとハナミズキかもしれませんね。
エチケットも綺麗でギフト、自宅用ともに特に女性人気はダントツ!」

へび江
:「ハナミズキはエチケット部門にもノミネートしましょう。
透明瓶とのバランスがまたいいですよね~。ワインの色を生かしてるかんじがする。」


エチケットがスゴかったワイン部門


うし美:「じゃ、国産部門は後で投票するとして、エチケット部門いこうか。
私はね~~おしり。

うさ子:「おしり!(笑) うし美さん、手帳に貼ってますよね。」

うし美:「うん。あとブロック・セラーズも貼ってる。どっちもそれくらい好き。(笑) 」 

ぶた子:「たしかにあれの納品のときも崩れ落ちましたね(笑)
同じロクタヴァンでも私は黒地に音符のシックなエチケットが好きです。」

へび江
:「私はパッと思い浮かぶのはパトリック・サリヴァンですね。エチケットもかわいいし、あの丸い形の蝋封、はじめてみた!」
 
うさ子:「パトリック・サリヴァンのブリタニア・クリークはコルクの絵もリンクしてて、芸が細かい。」

うし美
:「ヴォドピーベッツのソーロもイメージそのまま。ミニマリズム。」

うさ子
:「ツェッペはインパクト大ですね。紙とか印刷の質感もすごく綺麗。全部そろえて部屋に飾りたーい!」

へび江:「ツェッペに関しては生産者部門・ワイン部門・エチケット部門と制覇しそうな勢い!どれも文句なし。」

うし美:「中身とエチケットが両方ハイレベルって素晴らしい❤」

リス子
:「わたし実はゼノも好き。一見スタイリッシュなんだけど、全部マジックで手作業っていうのがいいよね。」

ぶた子
:「ゼノ~!売切れるのが早すぎて忘れてました。」

うし美:「ところで、どーしても言いたいの、『ブリュタル』について。」

ぶた子:「いろんな生産者があのエチケットで出してましたね。ロクタヴァン、ラ・ボエム、最近だとカタルーニャのエスコーダも。」

うし美:「コンセプトに文句はないけど、ナタ振り下ろして血しぶきってのはどうなの!?表現が直接的だし、テーブルに置いてて美しくないんじゃない。おばさんは保守的と言われればそれまでなんだけどね・・・。」

リス子:「たしかにそうですね。ちょっと怖いですよね。」



ぶた子
:「ところで、エチケットといえば『すべてエチケット不良』というグザヴィエ・マルシェみたいなケースもありましたね。」

へび江:「インポーターさんの真摯な説明もあって、逆に話題になりましたね。」

リス子:「いくら美味しくても10年前なら即返品だったよ~!!時代は変わったよねぇ(しみじみ)」

うし美:「みんな中身をもとめたって感じだよね。
不良ってわけじゃないけど、アワーワインのルカツティリ06もすごかった。」

へび江:「通称 『泥』(笑) タイタニック号に沈んでたワインみたいな風貌。」

うし美:「箱をあけたとき息がとまったよ~。今後二度とない体験だと思う。 
でもあれは個人のストックを特別に出してくれたものだったみたい。ありがたいよね。」


デイリーでもスゴかったワイン部門



うさ子:「次はデイリー部門ですね。税込3000円以下限定です。」

ぶた子:「3000円以下か~」


へび江:「人気でいうとビアンカーラのマシエリ、最近スタッフ間のヒットだとジュリアン・ペイラスのグルマンデーズ・・・。」

うし美:「ビアンカーラは本当にすごいよね。そのせいもあって最近入手困難なのがツライところ。発注のタイミングも難しい。」

ぶた子:「入手困難とまでいかなくても、安くておいしいワインはうちでもあっという間に売切れちゃいますよね。
ブリュノ・ペローは赤も白も美味しいけど、もう完売・・・・。ジェローム・ジュレも(完売が)早かった~」

うさ子:「イル・コンヴェンティーノのモンテプルチアーノももう完売しちゃいました。まるで高級ワインみたいな香りでびっくりしましたよね。」

ぶた子:「イタリアは充実してますね。
カラブレッタのエトナ・ロッソも茶葉系で好きだった~。デイリーなら一番好きかもしれません。」

リス子:「イル・コンヴェンティーノもカラブレッタも紅白どれを飲んでもはずれないよね~
中には驚くほどコスパがいいのもあるし。」 

へび江:「『イタリアのタケダ・サンスフル』ことメンティもノミネートいれてください!」

うし美:「イタリアのタケダ・サンスフル、まさにそんなかんじ!」

リス子
:「フランスならジュリアン・メイエーだね!2000円台でどれも外れなくおいしい!
最近アルザスはまったりしたワインが多いから、あの酸は貴重。」

ぶた子:「わかります!アルザスなら一番好きな生産者!」

へび江:「ノミネートが完売商品ばっかりになっちゃった。安くて美味しいワインは争奪戦ですね~。」

うし美
:「消費税増税と円安とでますます厳しいね。来年はもっとこの価格帯も探していきたいな~」



いよいよ!このワインがスゴかった大賞


へび江
:「じゃーいよいよ行きましょう!一番好きだったワイン、何ですか?」

うさ子:「私はダントツでモヴィアのベリコ・ベーロ!今年の初めに飲んだのに今でも忘れられません。」

へび江:「ああ~。私も好き~。あの潮感が。」


ぶた子
:「プリウレ・サン・クリストフも美味しかったですね。モンデューズってこんなになるんだって感動がありました。‘04に続いて‘10も素晴らしかった!」

うし美:「これはちょっと他にないなっていうハイクラス感があるよね。
サヴォワでは最高のモンドューズを造る生産者として評価されてるみたいだよ。
サヴォワのクロ・ルジャールってかんじかな」

ぶた子:「あ~クロ・ルジャール、確かに!」

へび江:「最近だとセバスチャン・リフォーのオクシニス・タルティヴも感動的でしたね~。
中華に合わせたい!ふかひれの姿煮なんて絶対合う!」

うし美:「マリアージュの可能性を感じたね。」

ぶた子:「中華に持ち込みたいといえばヴェッキオ・サンぺーリ・トレンテンナーレですよ!ただただ溜息が出ました。・・・もう飲む機会ないかもですけど。」

うし美:「ヴェッキオ・サンぺーリ・トレンテンナーレ
滋味深くありがたみを感じるワインだったね。決して安くはないけど、完成までの時間を考えたら深く頷くしかないね。」

へび江:「私はさんざん言ってますけど、ブレッサンのロゼだなぁ。これも中華に・・・」

うさ子:「中華ばっかり(笑)」

へび江:「私たち中華に合うワイン好きすぎ(笑)」

うし美:「あとはアワーワインのルカツティリ。備前焼でつけた燗酒のような肌っていうか、『ジワ~』っとしててあたたかい。
クヴェヴリと陶器のとっくりがリンクした瞬間があったの。存在としてひびいたな~。」

ぶた子:「ソーロ(ヴォトピーベッツのヴィトフスカ・ソーロ)についても話しておきますか?」

うし美:「ソーロはね~。異次元。修造風にいえば『ゾーンに入った』(笑)。独自の世界だね。改めて感動させられた。」

へび江:「『大人のピクニック』でも『明日世界が終わるならこれを飲みたい』って紹介されてましたよね。」

うし美:「ピクニックではダニエル・サージュもセンセーショナルだったね!すかさずキープしちゃった。

ぶた子
:「『大人のピクニック』や『全員集合』では毎回新しい発見がありますよね。以外なワインがヒットしたりすることもあるし。」

へび江
:「次々新しいワインを紹介してくれるインポーターさんたちには感謝ですね~」

リス子:「それにしても美味しかったワインがありすぎて決められないね~。」

というわけで、いよいよ!スタッフ皆でリストアップしたノミネートワインの中から、
「今年スゴかったワイン」を投票で決定していきます!



      3   【投票結果】



結果発表

*こちらの企画は2014年末に開催しました。古くなってしまった情報もあるかもしれませんのでご注意ください。


スタッフの部屋 特別企画

          

いよいよ受賞結果の発表です!
今年良かった生産者について語った第一弾
今年来店してくれた生産者についての第二弾
部門別スゴかったワインの第三弾と語りまくったのち、
スタッフ全員が投票した結果から決定しました。(複数投票もあり)

あくまでもフジキスタッフの独断のランキングです。完売商品も含まれます。 


このワインがスゴかった大賞

[赤]プリウレ・サン・クリストフ/Priure Saint Christophe 
ヴァン・ド・サヴォワ・ルージュ 
モンドゥーズ トラディシオン 2010
大賞に決定しました!
ナチュラルワインしか飲まない、という方も、
普段はブルゴーニュ、という方も、この美味しさが嫌いな人なんていないはず。
 マイナー産地、マイナー品種がここまでの味わいになるなんて...
そんな驚きも票を集めた要因となりました。
次点
バラにベリーに八角...複雑で華やかな香り、
ロゼワインだからといってカジュアルなものばかりじゃないんです。
大切にゆっくりと味わいたい1本です。



【完売】[白]モヴィア/MOVIA ベリコ・ベーロ 2007
リボッラ主体のこちらも次点。
伸びやかな酸と潮風のようなミネラル、旨みが溶け合って一体となっています。
次回入荷を待ちましょう・・・。

審査員特別賞

[赤・辛口]ボワ・ルカ/les Bois Lucas トゥーレーヌ ガメイ 2011
どうしても忘れられなかったこちらに特別賞を!
たぶん今年一番「語った」のはこのワイン。詳しくはスタッフのコメントをご覧ください。



国産ワインもスゴかった賞

数々の人気ワインを抑えての1位は千野甲州。
開店以来のお付き合いの旭洋酒さん、毎年美味しい味を届けてくれます。
限定なのですぐ売り切れちゃうのが残念!

次点
綺麗な酸と、キメ細かいテクスチャア、凝縮した果実の旨味。
北海道の藤沢ヴィンヤード×ココファームのこちらが次点に決定!

次点にも旭洋酒がランクイン!
苺のコンフィチュール、そしてハイビスカスやローズヒップティーの香りのロゼです。




エチケットがスゴかった賞

隅々までこだわったエチケットで受賞!
美しいオレンジワインの色合いまでトータルでデザインされたかのような完成度です。
お味も勿論good! 様々な要素の均整がとれた、バランスの良さはエチケットに通じるかも?
オレンジワイン好きにも自信をもっておすすめします。
 
次点

【完売】[ヴァン・ジョーヌ] ドメーヌ・ドゥ・ロクタヴァン/Domaine de l'Octavin
   ヴァン・ジョーヌ シェルヴァン 2006
ヴァンジョーヌの樽を守る妖精(お尻でてるヨ!)を描いたこちらが次点です。
次のリリースも是非このエチケットで!


【完売】[赤]ヴォルトゥムナ/VOLTUMNA ゼノ IGT 2011 
一見スタイリッシュ、でも実はマジックで手書きというこちらも次点にランクイン。
サンジョベーゼ主体なのにまるでピノノワール100%!?という味わいで人気でした。




デイリーワインもスゴかった賞

【完売】[白]ブリュノ・ペロー/Bruno Perraud アリゴテ 2012
赤も白も美味しかったブリュノ・ペロー。また飲みたい・・・!
というわけでブリュノ・ペローが受賞!
あえて選ぶならアリゴテ、ということでスタッフみんなの意見が一致しました。
次回入荷をお楽しみに!!


次点

【完売】[赤・辛口]ドメーヌ・ジュリアン・ペイラス/Domaine Julien Peyras
 VdF グルマンディーズ 2013
「香りだけで美味しいのがわかる」でおなじみ(?)グルマンデーズ。
スタッフ内の「サンソーブーム」を盛り上げた立役者。

どれを飲んでも価格以上♪な生産者。
 なかでも一つ選ぶなら・・・というこちらが次点。
この価格で酸化防止剤無添加というのも嬉しい。







 
この生産者がスゴかった賞
今年の顔ともいえる4生産者が同時受賞!
フジキおすすめ四天王 ってことでいかがでしょうか


ゼップ・ムスターはデイリー価格帯も勿論、
オレンジワインやスガミネックも価格以上の味わい!
暖かみのある持ち味で、食卓に寄り添います。


今年日本初輸入にして今年の(スタッフの)話題を独占したツェッペ!
同じ村の ゼップ・ムスターとは似た部分もありながら、
こちらはクール・ビューティといった趣。
ロワールの偉大なワインに並ぶトンボ(ソービニヨン)、
ジュラやブルゴーニュのグランヴァンにも負けないサラマンダー(シャルドネ)
めくるめくスパイスの蝶(ゴールデンミュスカデール)
うーん、選べない!

アメリカワインに対するイメージ、思い込みを一新するきっかけになったブロックセラーズ!
ジンファンデルからガメイまで、自由な発想とフレキシブルなスタイルはまさに『今』を象徴する存在です。

 

2014年始に『お気に入りof the YEAR』とご紹介した
バランコ・オスキュロがやっぱり『今年の顔』!
来年はじめには新ヴィンテージが到着します。おたのしみに! 








     

ページトップへ