即日発送はクレジット・代引決済に限ります。また、当店では実店舗と在庫を共有しており、ご注文をいただいた時点で在庫切れとなっている場合があります。詳細はこちら>>

[白]レ・ジャルダン・ド・テゼィ/Les Jardins de Theseiis ソーヴィニヨン・ブラン 2017

イエローゴールドの外観から熟したバナナと蜂蜜の香り、滑らかなアタックに旨味を含む果実を骨格のある酸が包む、余韻まで満足感で溢れる素晴らしい仕上がりです。



トゥーレーヌのビオディナミのパイオニア、ブルノ・アリヨンの後継者

Pouiile(プイエ)という村の対岸にhesse(テゼ)という村があり、AOC Touraine。ビオディナミ実践者としてMichel Augeと同じくパイオニアだったBruno Allion氏という生産者がおります。
そのビオディナミの大先輩のブルノがリタイヤに伴いワイン造りを辞める事を決めました。地元では、あの素晴らしい畑を誰が買うのだろうか?という話題で持ちきり。とっても良い状態ですから誰でも欲しがります。
その矢が当たったのは何とカナダ人とフランス人のカップルです。

ご主人のPaul Andre Risse氏は1976年、ストラスブールに生まれたフランス人。パリの大学院を卒業した後、カナダの大学院に留学します。5年半カナダに住み、そこで奥様と出会います。
彼女はカナダのケベック生まれ、大都会に生まれましたがワイン造りをしたくて、2012年フランス・モンペリエ大学で醸造学を学ぶ。2014年イタリアのピエモンテでワインの勉強をしてマスターを取得。2015年カナダに戻りワイナリーに勤めました。その時に2人は出会い一緒にワインを造る事を決意し、2016年ボルドーのシャトーパルメで4月から9月まで働きました。

やはりナチュラルワインを造りたい!と2016年の秋に2人はANJOUのMarc Angeliの所で収穫を手伝いました。
Marc にロワールでワインを造りたいと相談したところ、ブルノを紹介され、2017年2人はブルノの所を手伝います。ブルノも彼らを認め、彼らに20年以上ビオディナミで大切に守ってきた畑を委ねる事を決意。
こうやって同じ魂を持った人にバトンタッチをしたのです。
2017年はブルノも一緒に手伝いましたが、2018年からは勿論ブルノは手伝いません。
今回、初お披露目するブルノと一緒に造った2017年も素晴らしいのですが、私は個人的に彼らが自分たちだけで造った2018年の方が好きです。
(インポーター資料より)

[白]レ・ジャルダン・ド・テゼィ/Les Jardins de Theseiis ソーヴィニヨン・ブラン 2017

価格:

3,300円 (税込 3,630円)

[ポイント還元 108ポイント~]
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

■ワイン情報
[産地]フランス ロワール地方
[タイプ]白・辛口
[品種]ソーヴィニヨン・ブラン100%(樹齢20~50年)
[土壌]粘土石灰 、シレックス
[アルコール度数]13.5%
[醸造について]自生酵母。除梗せずプレス、重力で下がった果房は取り除き、グラスファイバータンクで発酵後、木樽で発酵(マロラクティック発酵あり)、そのまま12か月熟成。無濾過・無清澄、SO2(亜硫酸塩)無添加

■ワイナリー情報
[継承年]2017年
[栽培]ビオディナミ

酸化防止剤無添加のワインでも発酵の際に「自然に」ごく微量の亜硫酸塩が生成されます。
そのため、裏ラベル等に「亜硫酸塩(酸化防止剤)含有」と表記されている場合があります。


このワインはナチュラルワインです。

ナチュラルワインとはブドウの栽培が有機であることに加え、天然酵母での発酵、添加物を極力使わないなど人の手でコントロールせずに「限りなく自然に造ったワイン」です。
一般的に自然派ワイン、ヴァン・ナチュール、ビオワイン、オーガニックワインとも呼ばれることがあります。

カーヴ・フジキの考える「ナチュラルワインとは」について詳しくはコチラ 

ページトップへ