• NEW 【クール便】
  • [赤]マルセル・ラピエール/Marcel Lapierre モルゴン 2019
モルゴン

商品説明

▼ 商品説明の続きを見る ▼
※このワインには蝋封が使用されています。ワインオープナーのスクリュー部分を直接差し込み、引き上げるとスムーズに開けられます。

■ワイン情報
[産地]フランス ボージョレ地方モルゴン村
[タイプ]赤・辛口
[品種]ガメイ100%
[アルコール度数]13.5%
[醸造について]SO2(亜硫酸塩)無添加

■ドメーヌ情報
[本拠地]フランス ボージョレ モルゴン
[収穫]完全な手作業
[栽培方法]1981年からビオロジック

酸化防止剤無添加のワインでも発酵の際に「自然に」ごく微量の亜硫酸塩が生成されます。
そのため、裏ラベル等に「亜硫酸塩(酸化防止剤)含有」と表記されている場合があります。


このワインはナチュラルワインです。

ナチュラルワインとはブドウの栽培が有機であることに加え、天然酵母での発酵、添加物を極力使わないなど人の手でコントロールせずに「限りなく自然に造ったワイン」です。
一般的に自然派ワイン、ヴァン・ナチュール、ビオワイン、オーガニックワインとも呼ばれることがあります。

カーヴ・フジキの考える「ナチュラルワインとは」について詳しくはコチラ 

価格:4,500円(税込 4,950円)

[ポイント還元 148ポイント~]

注文

購入数:
在庫 12本

お気に入りに追加済


2020.12月下旬 試飲しました!(以下、スタッフの独断と偏見ありのコメントです)
 

お待ちしておりました、新ヴィンテージ。

【ティスティングメモより】

【好き】  アルザスワイン、ロゼ泡、フルーティなワイン 、揮発酸
【苦手】 タンニン強めのワイン


抜栓1週間後に試飲しました。

透き通ったラズベリーレッド。綺麗な輝きに胸が高鳴ります!

口に含むと一瞬果実の甘みを感じます。
しかし、すぐに酸味ときめ細やかなタンニンが調和してくれます
2019ヴィンテージはいつもより果実の厚みが軽めな印象でチャーミングな要素が強いです。

酸味はグロゼイユに似ていますが、全体的な果実感はフランボワーズや、
少し早摘みのイチゴのような味わいです。
しかしながら、スッと身体に染み込みます。まるで魔法にかかったような、心地よさです。

さすがに抜栓から1週間経過しているので少し揮発や豆っぽさはありましたが、
誰が飲んでも楽しめること間違いなしです。

そばにあるとホッとする。そんなワインをナチュラルワインビギナーさんも、
ナチュラルワインエキスパートさんにもお楽しみいただきたいです。


【好き】  ミネラル・塩味・シャープな酸味のワイン、ドイツワイン。
【苦手】  還元熟成香、過度な味わい



抜栓5時間後に試飲しました。

縁がピンクがかった暗めで濃いルビー色。香りはおとなしめ。
ハイビスカスティー、スモモやプラム。ルバーブやドライハーブの雰囲気もあって複雑性に富んだ香り。
フルーツのボリュームは中程度。骨格は比較的しっかりしているものの、溌剌とした果実味と酸味がワインを軽やかに感じさせてくれます。心地いいバランスでタンニンはまだ若々しい。

ワインだけで楽しむ場合、もう少し寝かせてから飲みたいですが、ナチュールのガメイと言えばこのワイン!上品で洗練された納得の味わい。2本買って1本は取っておくのもGood!

八角の香る豚の角煮や牛肉の甘辛炒め、北京ダックなど中華料理を食べるときに開けたいワインです。


【好き】  お出汁のような旨味のあるワイン
【苦手】 キシキシするほど強いタンニンを感じるワイン

抜栓後すぐに試飲しました。

艶のある、若々しいルビーレッド。
もぎたてのイチゴやラズベリー、さくらんぼを頬張ったかのようなフレッシュでジューシーな香りに、絶対美味しいはずだ!と飲む前からついテンションが上がりました。大きめの赤いお花を連想させる、フローラルで女性的なニュアンスもあります。
口に含むと、香りの印象と同じ味わいに加え、予想よりも落ち着きのある上品な雰囲気に良い意味で裏切られました。シルキーなタンニン、きゅっとした可愛らしい酸味が感じられ、全体的に非常にバランスの取れた飲み心地です。

年末年始に和食と合わせてみてはいかがでしょうか?例えば、軽くソテーした玉ねぎの肉味噌乗せ、鶏もも肉のチャーシュー、豚バラ紅生姜巻きや合鴨ロースなどなど。
このワインと一緒に、フレッシュな気持ちで新年に乾杯しましょう♪


こちらの商品もおすすめです