即日発送はクレジット・代引決済に限ります。また、当店では実店舗と在庫を共有しており、ご注文をいただいた時点で在庫切れとなっている場合があります。詳細はこちら>>

結果発表

*こちらの企画は2015年末に開催しました。古くなってしまった情報もあるかもしれませんのでご注意ください。





2014年に引き続き、2015年もやっちゃいます!
カーヴ・フジキのスタッフたちが 「あれが美味しかった」「あのワインがスゴかった」と好き勝手に語り、今年スゴかったワインを選出します。
今年もガチで!というわけで売切れ商品も多くなってしまいますが、
また次のリリースを楽しみに、 スタッフと一緒に2015年を振り返りましょう♪





(ときに略称や敬称略でおとどけしています。ご了承の上、ゆるーく広い心でお読みください。
ワイン名や画像をクリックすると商品や生産者の詳細がご覧いただけます。)



いよいよ結果発表!
  

日本ワインブームの盛り上がりを象徴する1本ともいえるこのワインが受賞!



ダイヤモンド酒造 ますかっとべーりーA Ycube 2013


次点



ココ・ファーム・ワイナリー こころみシリーズ のぼ ブラン・ド・ノワール 2011


ココ・ファーム・ワイナリー こことあるシリーズ ぴのろぜ 2014【完売商品】



ぶた子:
「去年は千野甲州が受賞でしたが、その千野甲州と並んでオープンからおすすめしてきたダイヤモンドさんが受賞!! 
ブルータス誌のランキングでは錚々たるレアワインを抑えての2位と大健闘しましたね。ブルータスでは2位でも、フジキでは1位です!」

うし美:
『本当に良いワイン』って言っていいと思う。誌面では『海外に通用するベーリーA』みたいなコメントだったよね。まさにその通り!
あとは『買えるワイン』をもっと褒めたいっていう気持ちもあるよね。」

へび江:「日本ワインブームは去年より更に過熱気味で、買えないワインばかりでしたからね~。
店頭ではブルータスをきっかけにこのワインを手にとってくださるお客様が、『美味しかったからもう1本』とか『美味しかったのでギフトに』というふうにリピーターになってくださったのも嬉しかったです。」

 





パルティーダ・クレウス 全部! 【全て完売】



次点

ブロック・セラーズ/Broc Cellars  ネロ・ダーヴォラ メンドシーノ 2014【完売】






 
レ・ヴァン・コンテ/Les Vins Contes ル・ピュイ・ブラン 2014


次点


ジル・アゾーニ/Gilles Azzoni ル・レザン・エ・ランジュ ファーブル 2014


ジル・アゾーニ/Gilles Azzoni ル・レザン・エ・ランジュ オマージュ・ア・ロベール 2014



うさ子:「デイリーはレ・ヴァンコンテジル・アゾーニがとにかくスゴかったですね。味も人気も。」

ぶた子:
「共に2000円台半ばってスゴイですよね。」

へび江「どちらの生産者も食卓に似合うワインというイメージです。」

ぶた子:「かなり接戦でしたけど、僅差でレ・ヴァンコンテが受賞ということで・・・」

うし美レ・ヴァン・コンテは他のワインも、バリエーションが豊かなのがスゴイとおもう。中でもコストパフォーマンスという意味ではこの「ル・ピュイ」が最強だったね。」

ぶた子:「夏から引き続いてのレ・ヴァン・コンテの人気っぷりはすごかったですよね。そのお客様の反応も込みでの評価ってところでしょうか。」

うし美「 うん。ジル・アゾーニもほんとーーーに美味しかったんだけどね・・・甲乙つけがたかった!」






アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムール/Alice et Olivier de Moor シャブリ ユムール・デュ・タン 2013


次点

フランソワ・サン・ロ/Francois Saint-lo VdF オン・レム・ナチュール 2012【完売】
(*新ヴィンテージはこちら)


りす子:「サン・ロ敗れる・・・でもシャブリは本当に美味しかったもんね~・・・」

ぶた子:
「何度も飲んだことある生産者なのに衝撃的でしたからね!」

うし美定番だけどスゴかった。日本ワイン部門同様、こういうお馴染みの生産者のこともちゃんと褒めていきたいな~」

へび江:「他にも定番で扱ってる生産者やワインがありますけど、ヴィンテージによってまったく違った表情を見せてくれるものもありますよね。
一度飲んだワインも是非また出会い直してほしいという意味もこめて投票しました。」






シュトロマイヤー


次点


シルヴァン・ボック

うさ子:アンドレアス・ツエッペが2連覇かとも思われた生産者部門ですが・・・」

へび江「今年の生産者部門は荒れましたね!」

ぶた子:「定番生産者が軒並み受賞した各部門でしたが、生産者部門は新しい出会いのこの2組ですね。」

へび江「この2組に共通するのは『1本に絞れない、全部のワインがスゴかった』というところでしょうか。」

うし美:「シュトロマイヤーは通むけのワインだよね。
複雑で、わかりやすくないんだけど、何にも似ていない・・・こういう生産者と出会えたことに感謝したい。そういう意味での受賞だね。」

りす子:「食べ物との相性を実感できたのも大きかったです。ぜひボックもそういう場をつくりたいですね。笑」

うし美:「ボックはこの投票が終わってからも新入荷がきてて、またそれも美味しいんだよね。」

へび江「そうですね。ボックは安いワインも価格以上に美味しくて、高級ラインはまたそれ以上の上級感がある。そしてキレイなのにナチュラル。全部のワイン、それぞれの価格帯が別の美味しさがある人って他にあんまり思い当たらないです。」

 

2015年のスゴかったワインが(勝手に)決定しました。

受賞ワインを眺めていると、不思議と今年という年が見えてくる気がするのが不思議です。
日本ワインのブーム、レ・ヴァン・コンテの進化(!)、
定番生産者ジル・アゾーニ&アリス・エ・オリヴィエ・ド・ムールの美味しさを再確認、
新しい才能との出会いフランソワ・サン・ロ&シルヴァン・ボック
そしてその流れの中でも独自の存在感で輝きを放ったシュトロマイヤーが生産者部門を制しました。

今年もスタッフの言いたい放題にお付き合いくださいましてありがとうございました!


 

ページトップへ