即日発送はクレジット・代引決済に限ります。また、当店では実店舗と在庫を共有しており、ご注文をいただいた時点で在庫切れとなっている場合があります。詳細はこちら>>

このワインがスゴかった2018ベストワイン部門

過去の様子はこちらからどうぞ
2014年 2015年 
2016年上半期  2016年
2017年



2014年から毎年末に開催、フジキスタッフ達が1年を振り返りながら
”本当に美味しかった、心に残ったワイン”
について語るこの企画。

ワインを取り囲む環境も変化しつつある現在、自由なナチュラルワインに似合うのはナンバーワンよりオンリーワン!? ということで、今年は1位を決めずにスタッフが想いを語るアンケート形式で発表していきます。

本音で選ぶからこそ、ほとんどが完売商品となってしまいますが、ご了承の上、ゆるーく広い心でお読みください。

>>日本ワイン部門 >>エチケット部門
>>デイリーワイン部門 >>生産者部門
>>ベストワイン部門 >>おまけ


ベストワイン部門


今年のベストを挙げるなら?
フジキスタッフたちの心に響いたボトルはどのワインだったのでしょうか・・・

【好き】 エキスの詰まったワイン!
【苦手】 青くて酸っぱい、 スグキみたいな赤が苦手。


2018年ベストワインは特に無し、かな・・・?
寄る年波に勝てず、毎年確実に酒量が落ちています。。。。

そんななかで、 「あればケースで買いたい」、 「これらがあれば色々飲まなくても全然OK~」 とまで思わせてくれた銘柄がこれ ↓↓↓

[赤] レ・カイユ・デュ・パラディ/Les cailloux du paradis VdF キュヴェ・デ・ゼトゥルノー 2012
日常的にこんな赤ワインが飲めたら最高! カラオケBOXに持ち込んで気軽に開けたら、あまりの美味しさに歌を忘れたw その後店に残ってた在庫をりすこと山分け。

[赤] シリル・ル・モワン/Cyril le Moing  サントゥネール 2010
サンテンネールの名に偽りなし! 風格と存在感をしっかり感じさせる味わいに感動。 ナチュラルグランヴァン!

[白]ヤン・ドゥリュー/Yann Durieux VDF ラヴ&ピフ NV14
ザ・ミネラル!ザ・旨味!!理想の白ワイン!!!

ジュリアン・メイエーの2016ヴィンテージの白ワイン
2016年ヴィンテージの白はどれも好き!
エキス感半端ないな~と。
熟成のポテンシャルをも感じました。

【好き】  酸のきりっとした 塩っぽいミネラル感
【苦手】  ワインなら何でも好き!

[赤]ドメーヌ・ソリニー/Domaine Saurigny VdF サクラジマ NV(2016)
今年のベストワインは何かなぁ~と思い返し、「サクラジマかも」と過去のコメントを探してみたら、 『濁りのある赤。香りは品のある華やかさ(芍薬や牡丹のイメージ)。 野いちごや赤カシスのような果実味。タンニンや酸は細かく強すぎないので冷やしめがおすすめ。 余韻までしっかり味わいを感じる。美味しい~!!今年のNo.1ワインかも。』 と書いてました。
やっぱりそうでした!私のベストワインはこれでした!!



【好き】 酸とミネラルもしっかりある薄甘白ワインが大好物。 マセラシオンしたバランスのいいワインも好き。
【苦手】 苦みが強いワイン&石油香は×


[白]フランソワ・ルーセット・マルタン/Francois Rousset Martin スー・ロッシュ "キュヴェ・デュ・プロフェッサー" 2016 価格: 6,400円 (税込 6,912円)
二番通り酒店で試飲させていただき、美味しいのはもちろん、ワインの持つエネルギーの強さに驚嘆しました。久しぶりに心を揺さぶられたワインに出会ったという感覚。
造り手さんと小林さんのシャトー・シャロンに対する想いを直接聞くことが出来たのも大きい。いつか、彼の畑に行ってみたいです。


[泡・ロゼ]ステファン・ベルノドウ/Stephane Bernaudeau VdF ラ・ビュレット 2013
初めて飲んで以来、ずっと大好きな生産者の一人ですが、このペティアンタイプのロゼは彼のワインの中では手頃な価格帯ながら、チャーミングで透明感あふれる果実味と伸びやかなミネラルが豊かな味わいで、食事映えするのはもちろん、単体でもずっと飲んでいられるワインです。しかも、開けたてから1週間近くは平気で持つのも凄いです。

【好き】  バラ紅茶&赤紫蘇系の赤とロゼに目がない
【苦手】 樽香&ピピドシャ、アルコール感が目立つワイン

 普段飲みは圧倒的に白が多いのに、ナンバーワンを決めようと思うと浮かぶのは赤ワインばかりです。国産部門で選んだフランソワさんのカベルネ、ココファームの風のルージュ、このモーペルチュイと、品種はバラバラでも共通点もありますね。
じわじわ、ひたひたと液体が布を染めていくように広がっていく、じんわりとした旨味。 今年はこういう味わいを求めていたようです。

[赤]モーペルチュイ/Maupertuis ネイロー・プラージュ 2017
嫌いじゃないけど、実は今までちょっとだけ距離を感じていた生産者。(笑) 良さやっとわかりました!
今年はキュベ違い、ヴィンテージ違いと何度か飲むチャンスにめぐまれましたが、全部美味しかった。その中で個人的な好みからいうとこちらナンバーワンです。
赤いベリーの風味、クランベリーやスグリ系に凝縮したエキス感。 青唐辛子や柚子胡椒のようなピリっとしたクリアな青み、辛みを感じたのですが、塩っぽいミネラルも関係していたように思います。 「滋味深さ」という言葉がここまでぴったりくるワインはなかなかないと思いました。 



【好き】  アルザスワイン、フルーティなワイン
【苦手】 タンニン強めのワイン


[白]クリスチャン・ビネール/Binner テッド・ド・スカラベ・ガズイユ・GC・ケフェルコフ 2010 価格: 4,800円 (税込 5,184円)
ビネールの印象を一変させたワイン。果実味はあるけどくどくなく、さっぱりしすぎることもなく 今まで飲んできたものとは違う印象に驚きました。  
百合のような華やかな香りに癒されます。抜栓直後と数日経過したものでは雰囲気がガラッと変わり 変化も楽しめました。こんな素晴らしいワインを造るビネールに脱帽です。





コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ