即日発送はクレジット・代引決済に限ります。また、当店では実店舗と在庫を共有しており、ご注文をいただいた時点で在庫切れとなっている場合があります。詳細はこちら>>

このワインがスゴかった2018デイリー部門

過去の様子はこちらからどうぞ
2014年 2015年 
2016年上半期  2016年
2017年



2014年から毎年末に開催、フジキスタッフ達が1年を振り返りながら
”本当に美味しかった、心に残ったワイン”
について語るこの企画。

ワインを取り囲む環境も変化しつつある現在、自由なナチュラルワインに似合うのはナンバーワンよりオンリーワン!? ということで、今年は1位を決めずにスタッフが想いを語るアンケート形式で発表していきます。

本音で選ぶからこそ、ほとんどが完売商品となってしまいますが、ご了承の上、ゆるーく広い心でお読みください。

>>日本ワイン部門 >>エチケット部門
>>デイリーワイン部門 >>生産者部門
>>ベストワイン部門 >>おまけ



デイリーワイン部門

(税抜)3000円以下という区切りが年々厳しくなっている・・・そんなご時世でも美味しさを届けてくれるのは貴重な存在!

【好き】 エキスの詰まったワイン!
【苦手】 青くて酸っぱい、 スグキみたいな赤が苦手。


リタ・ウント・ルドルフ・トロッセン/Rita&Rudolf Trossen シーファーブルーメ・リースリング・トロッケン 2016 は価格が微妙に3000円を超えてしまったので選外に!品種の特性を感じさせつつ、ナチュラル。おすすめするシーンが多かったです。
去年も選んだ[白]ドメーヌ・ドゥ・ラ・ギャルリエール/Domaine de la Garreliere ル・ブラン・ド・ラ・マリエ 2017も。今年はタイトでキレのある仕上がり。自然な旨みも加わってコスパ良しでした。

[赤]イル・マイオーロ/il maiolo エミリア・ロッソ 2004、2005、2006 価格: 2,600円 (税込 2,808円)(在庫があるのは2005のみ)
訳あって安い、しかも熟成10年越し! 熟成ワインのニュアンスを手頃な値段で味わえるなんて、なかなか貴重。

[赤] ドメーヌ・ラター/Dmaine Lattard ガメイ 2016
セットでも人気。
常連さんがリピートしてくれたのが嬉しかったですね。

【好き】  酸のきりっとした 塩っぽいミネラル感
【苦手】  ワインなら何でも好き!

[白]ダヴィデ・スピッラレ/ ビアンコ・ルーゴリ 2015 2016
エチケットが変わりましたが、どちらも味は変わらず美味しい。
色づき始めたグーズベリーの甘酸っぱさを感じさせる白ワインが堪らなく好きで、まさにルーゴリはドンピシャ。
開けたて~数日経っても美味しさが持続するのも素晴らしい!


[白]コンプレモンテール/Complemen’Terre ミュスカデ・ケルマ 2017
野菊の香りの白ワインも堪らなく好きで、“ケース買いしたいワイン”とコメントをした過去が(笑)。
夏にピッタリのワインだと思っていましたが、冬には湯豆腐やフグちり等、お鍋にも良さそうですね

【好き】 酸とミネラルもしっかりある薄甘白ワインが大好物。 マセラシオンしたバランスのいいワインも好き。
【苦手】 苦みが強いワイン&石油香は×


[赤]イル・マイオーロ/il maiolo エミリア・ロッソ 2005 価格: 2,600円 (税込 2,808円)(在庫があるのは2005のみ)
この値段でこのヴィンテージでこの熟成感ある味わいはちょっと他ではありえないです。
このワインを知ってしまうと中々これ以上の価格のものが飲めなくなってしまいそうで怖いですね(笑)

[赤] ドメーヌ・ラター/Dmaine Lattard ガメイ 2016
2千円台前半でこの味わいは今やなかなかないので有難いワインです。
香りや味わいにほんのり青っぽさがあるのですが、それもクセになる味わい。 普段の気軽な食事と幅広く合わせられるワインって意外と少ないのでこれはハウスワイン的に毎日でも飲みたいワインです。

【好き】  バラ紅茶&赤紫蘇系の赤とロゼに目がない
【苦手】 樽香&ピピドシャ、アルコール感が目立つワイン

殿堂入りにしたいのはギャルリエール。何本飲んだことか!
ヴィンテージが変わっても毎回毎回大好きな味です。 そのギャルリエールと同じくらい大好きなリタ・ウント・ルドルフ・トロッセンのリースリングを推そうと思ったのですが、ちょっとだけ価格がオーバーしてしまって本当に残念です…。

[白]バランコ・オスクロ/Baranco Oscuro ラ・トラヴィエサ ブランコ 2016 価格: 2,800円 (税込 3,024円)
そこで私が選ぶのはこちら!
初めて入荷したバランコ・オスクロのネゴス。ヴィヒリエガ種の特徴ともいえるライムのような酸が印象的で、青いフレッシュハーブの風味が食事映えしまくり。
かつてリリースのあったオスクロの「ブランカス・ノーブルス」を彷彿とさせるソリッドな味わいで、完全に心を持っていかれました。
人によっては強すぎるかもしれない個性が魅力のオスクロ(特に白)ですが、オスクロ節はしっかりと効いているのにドメーヌものよりも少しだけ親しみやすいのも嬉しいポイントです。



【好き】  アルザスワイン、フルーティなワイン
【苦手】 タンニン強めのワイン


[白]ガングランジェ/Ginglinger シャンガラ 2016 <1000ml> 価格: 2,750円 (税込 2,970円)
アルザスワイン好きなのでデイリーワインもアルザスに決まり!  
一言で言うと、カルピスみたいなワイン!  
乳酸のニュアンスがありつつ、フルーティ。  
酸もしっかりあるのですっきりしていてまとまりが良く今年の暑い夏にガブガブ飲んでいました。  





コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ